atelier HIBARI

<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

A Woman In Love


e0183600_22413699.jpg

[PR]
by atelierhibari | 2014-08-13 22:42 | Work / Project

Working at a nursery school again

e0183600_16403393.jpg
Circa 2006 at Benjamin School in London


7月から保育園で働いています。週1回の美術の先生として。
今回このお話を頂いた時に、イギリスのフランス系保育園で
働いていた時のことを思い出しました。

--------------------

2006年当時、2〜3歳だったこの写真の子たち今はもう、10歳。
大きくなったんだろうな。私のこと忘れちゃったかな?

バイリンガルの保育園だったので、様々なバックグラウンドを持つ子どもがいました。
イギリス、フランス、アメリカ、ハンガリー、中国
フランス/イギリス、インド/イギリス、韓国/イギリス、
メキシコ/イギリス、etc etc…

国籍、宗教、文化、習慣が異なる子どもたちがいる国際的な保育園。
先生も様々で、主にイギリス、フランス、インド、アフリカ、そして日本。
人種のるつぼのイギリスらしい仕事場でした。

とても印象に残っていること。
イギリスの大人たちの子どもへの接し方が日本とあまりに違うことにとても驚きました。
日本のように、自分の子どもを謙遜したりは絶対せずにひたすらひたすら褒めまくります。

「Well done Sweety!」「You are cutie cutie pie!」 「You're very good!」

とにかく、沢山話しかけ、沢山話を聞き、沢山褒めまくります。
子ども達は、とても誇らしげで自信を持ち、いつも瞳を輝かせています。

そして今でも思い出します。
自分のことが大好きな子、お姫様になりたい子、
フランス語しか分からないけど照れながら、英語で一生懸命お話してくれる子、
英語もフランス語も分からず、時々戸惑いながら
少しストレスを溜めながら、でも一生懸命保育園に来る子、
先生が辞めるたびに、落ち込んで悲しくなっちゃう繊細な子、
色々あって、かんしゃく起こして、わざとお漏らししちゃう子
でも何とも不思議な魅力をたたえている子、
とってもおませで賢い子、言葉はまだしゃべれないけど
その子がいかに聡明かをその子の瞳が物語っている子など。
みんな元気にしてるかな?

--------------------

初めて小さな子どもたちに接したのは20年前、
学生時代に友人と稲毛市で子ども向けの夏休みワークショップをしたのが初体験。
しばらく時間があき、その10年後イギリスはロンドンの北部、小さな村のように美しい町
プリムローズ・ヒルにある小学校で開催されたアーティストによるアートワークショップのお手伝い。
その年の10月、ロンドン南部、バーンズという町のフランス系保育園
ベンジャミンスクールで1年間働きました。
帰国後はひばりケ丘にある保育園で夏休みの短期バイトを1回と
私と友人が主催のワークショップを数回行いました。
2009年よりボランティアとしてイタリアのレッジョ教育を広める会
@キオッチョラ@に5年在籍をしました。

正直、今年は自身の制作活動と専門学校や大学での仕事を優先し
小さな子どもたちの為の活動はしばらくお休みするつもりでした。
けれども親しい友人から頂いたお話し、これもきっと何かのご縁。
細く長く続けることも大切なのかなと思い、引き受けることにしました。

--------------------

今でも地球のあちこちで戦争があり
多くの小さな子ども達が大切な命を落としています。
個人として今すぐこの戦争を無くすことは難しいけれど
未来を築く小さな子どもたちが、平和な世界をつくれるように
大きくなって何かを決断する時に、正しい判断を下せるように
丁寧な活動をして行きたいと思います。
[PR]
by atelierhibari | 2014-08-13 13:30 | School

Short trip to SENDAI

近頃、国内のショートトリップ2人旅がちょうど良いな〜と感じています。
若い頃は国外に目が向いていて世界中を旅したので、今こそ日本中を知りたいと思っています。
東北はこれまで福島、山形、青森に行っていますが、今回は初めて宮城県まで足を伸ばしました。
東北ってなんか心地よいです。

仙台に到着後、仙石線に乗り石巻へ直行。
石巻からの帰りに松島へ寄り、そこからフェリーで塩竈、
そしてまた電車を乗り継いで仙台へ戻ってきました。

仙台では花火と七夕祭りをメインに、
宮城県立美術館(篠山紀信の「写真力」初日だったのでご本人もいらしていました)や
仙台メディアテークも訪れました。東京から新幹線で2時間、一泊二日で十分楽しめる杜の都仙台。
緑が多く、海にも山にも近く、夏場は気温は高いけれど風が心地よく、
程よく都会で、人口もちょうどいい。住んでみたいなと思いました。

仙台メディアテークで学生時代の友人に20年ぶりに偶然の再会。
エレベータに乗る時に不意に声をかけられました。良くわかったな〜。
2008年より仙台で暮らしているそうで、震災にも遭われたのだそうです。
ゆっくりお話はできなかったけどまた仙台か東京でゆっくりお話したいです。

仙台、好きな町になりました。
次回は閖上にも足を運びたいです。




/// 石巻

e0183600_1453182.jpg
仙台から矢本までは電車が走っていますが、矢本から松島海岸まではいまだ電車が通っておらずバスで向かいます
松島海岸から石巻へは電車ではなく臨時のディーゼル列車で向かいます 静かな景色が続きます
仙台 →(電車)→ 矢本 →(バス)→ 松島 →(ディーゼル列車)→ 石巻


e0183600_1453729.jpg
ディーゼル列車 パンタグラフはありません


e0183600_1454113.jpg
石巻の正教会 神戸ナンバーの車があり震災後に神戸から神父様が赴任されたのかなと想像したり


e0183600_1454364.jpg
津波到達高


e0183600_1454622.jpg
気になった建物 A面


e0183600_1454823.jpg
気になった建物 B面




/// 松島

e0183600_1455859.jpg
海の幸1


e0183600_146110.jpg
海の幸2


e0183600_15375899.jpg
瑞巌寺 (国宝)の参道


e0183600_1539246.jpg
津波到達地点


e0183600_14698.jpg
フェリーからの眺め


e0183600_1461037.jpg
お洒落な帽子をかぶりタバコをすっているおしゃれな岩(とフェリーのガイドさんが解説)



/// 仙台

e0183600_1461830.jpg
仙台花火 翌日から始まる七夕祭りがメインだからか、東京の人ほど花火に思い入れがないんだな〜と


e0183600_1462031.jpg
建物の亀裂が震災を物語る


e0183600_14622100.jpg
仙台一望、青葉城趾からの眺め


e0183600_14152648.jpg
専門の業者ではなく一般人が制作しているとおもうのだけど


e0183600_14151254.jpg
東北人らしい細やかな手作業


e0183600_1415092.jpg
正面から見た独眼竜正宗




/// おみやげ

e0183600_14155671.jpg
「いしのまき浜物語」三陸河北報社が発行する再生に向かう人々の物語が書かれている冊子


e0183600_14154169.jpg
石巻に住むお年寄りが制作している手工芸品 お年寄りのおこずかいになります
[PR]
by atelierhibari | 2014-08-12 15:48 | Everyday life

Donkey Museum 2014 Good for Nothing in now closed

e0183600_13391997.jpge0183600_13392299.jpg


タンバリンギャラリーで開催されたロバミュージアム2014は無事終了いたしました。
東京湾花火大会が台風で中止になってもロバミュージアムは中止にならない!
本当に沢山の方々が足を運んでくださいました。

私は会期中告知無しで3日ほど在廊しました。
お会いできなかった方々は、後ほど「行ってきたよ〜!」と
お声をかけてくださり本当に感謝しています。
お暑い中貴重な時間を割いて足をお運びくださり、ありがとうございました。

参加したい人が年々増えているこのイベント。
来年はお客として参加しようかな〜と思っています。
今の所は…です。
[PR]
by atelierhibari | 2014-08-12 13:48 | Work / Project

A Pair Of Shoes

e0183600_12375158.jpg

[PR]
by atelierhibari | 2014-08-12 12:38 | Work / Project