atelier HIBARI

<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

A cafe in Gooseberry Village

e0183600_20414729.jpge0183600_20421297.jpg
e0183600_20421065.jpge0183600_2042784.jpg


昨年から関わらせて頂いている長野県上田市にある
塩田・すぐりの村づくりの会の為に制作した絵本第二弾
「すぐりのむらのカフェテリア」が完成しました。

今回は文章を三好美穂さんにお願いし、私はリノ版画を使用した
イラストをメインに企画/制作/デザインを担当させて頂きました。

前回の絵本「すぐりのむらのいたずらうさぎ」は
幼稚園児でも楽しめる物としてし制作しましたが
今回は対象年齢を小学生に上げより読みこたえのある物にしました。

「すぐりのむらのいたずらうさぎ」はすぐりの村の素晴らしい名所と
その魅力を紹介しつつ、その村のもつ優しい雰囲気を物語にこめました。
「すぐりのむらのカフェテリア」は具体的に今後このようなことが起きたら
きっと楽しいだろうなという期待と夢がこもっています。

すぐりの村の会は設立2年目の新しい会です。
これでは東京から専門家がすぐり村に訪れ地元の方々と活動していました。
来年度からは、地元の方々にますます活躍して頂き、
より地元の方々に愛される会になるとよいなと思います。

絵本をお手に取って読んでみたいという方は私までご一報ください。
[PR]
by atelierhibari | 2011-02-22 21:00 | Work / Project

dandelion and burdock

e0183600_1845479.jpge0183600_1848038.jpg

東京デザイナー学院にてグラフィック/イラスト/アート科
計320名の学生を対象にした1年越しのプロジェクト
「海外クリエーターを招いてのワークショップ/トーク」
が2月16・17・18日開催されました。

1年半ほど前にこのプロジェクトのお話を受け
ロンドン芸術大学、LCC時代のクラスメート
dandelion and burdock ことニルスとナイルをご紹介することにしました。

2月15日に成田に到着しそのまま学校へ直行、挨拶と準備。
16・17日のワークショップ/トークと18日のプレゼン/全体講評を
私たちの予想を遥かに超えたクオリティーで彼らは完璧に行ってくれました。

320名の学生は個人/グループで「日本」をテーマに
技術/メディア/サイズ制約無しで自由に制作。全作品は展示室に展示され、
その中から選出された11組が18日のプレゼンに挑みました。
11組の中から3組が最終的に最優秀作品として選ばれましたが
どの作品もそれぞれ手法をこらし2週間という短い期間でしたが
それぞれの解釈で、コンセプチャルな興味深い作品を制作していました。

彼らは3日間で私たちに多くのことを語り続けてくれました。
彼らのデザイン哲学はここではとても語りきれないけれど

Design is for PEOPLE

はそこにいた全員に届いていたと思います。
学生のみなさん、先生方、助手の方々、ワークショップの会期中、
みな常に笑顔がこぼれていました。
そこにいたみんながエネルギーの満ちあふれた雰囲気を楽しんでいました。
あのような「空気」をつくることが Design なのだと改めて感じました。

6年ぶりに再会したクラスメートの素晴らしく成長した姿を目の当たりにして
私自身ができること、やるべきこともはっきりしました。
私はやはり、自身の経験、知識、能力、ネットワークを通じて
人を繋げることや、人を応援するようなことがしたいのだと感じました。

あの場にいたすべての人が夢のような時間を過ごせたことを
とてもうれしく思っています。

そしてこのような素晴らしい機会を与えてくださった
東京デザイナー学院にとても感謝しています。
普段あまりお会いできない先生方とも
よりいっそう親しくなることが出来たことは
私にとって素晴らしい体験となりました。

次回スクール・トリップはロンドンかも???

ーーーーーーーー

18日に行われた学生によるプレセンテーションと
dandelion and burdockによる講評は
Ustream/twitterにて配信しております。
ご興味のおありの方はこちらをご覧下さい。

Ustream tdg_graphic

twitter tdg_graphic

[PR]
by atelierhibari | 2011-02-21 18:53 | School

Report : Nyoki Nyoki workshop and its exhibition

e0183600_2140144.jpg

先日、2月19・20日ににょきにょきワークショップによる展覧会が
西東京市にあるエコプラザ西東京にて開催されました。
計30名ほどのお子さんがワークショップに参加していただき大盛況だったようです。

今回は展示のお手伝いのみさせて頂きました。
今年からキオッチョラ(レジョエミリアの美術教育を広める会)の
準会員となった私は、今後もう少しお手伝いができるといいなと思っています。
まずは、情報収集/整理とブログ制作から。

3月にはワタリウム美術館でレッジョエミリアの展覧会が開催されます。
5月に西東京市で「アース・デイ」が開催され、キオッチョラも参加します。
もうひとつ5月にイタリアでレミダデイ(レジョエミリアの美術教育の展覧会)が開催されます。
思い切って、そちらにも訪れることが出来たら良いなと思っています。
今年は昨年より1歩踏み込んで、よりレジョエミリアの美術教育を学び、
身近に感じることが出来るようにしたいと思っています。

e0183600_20422680.jpg

[PR]
by atelierhibari | 2011-02-21 14:38 | Work / Project

St.Valentine's day

e0183600_2152848.jpg


東京で初雪が降った日に
パティシエ・スクールに通う母監修で
甥っ子しゅんくん、義妹みつよちゃん
さっちゃん、さらちゃんと私で
バレンタインのお菓子作りをしました。

例によって私が言い出しっぺ。

「みんなでチョコ作ろー!」

後は母がすべて準備/指導/監修し
作業も私以外の5人で頑張って制作。
私は応援/撮影/味見係に徹しました。

母は手際よくいろいろな物を用意し
ショートケーキ(私達用のおやつ)
ブラウニー
クッキー
オレンジピール
の計4品も作りました。

雪の降る日にかわいい仲間と
誰かのためにあま〜いスイーツ作り
なんて幸せな気分。
[PR]
by atelierhibari | 2011-02-14 21:27 | Everyday life

CAMERA WANTED!!

e0183600_21435297.jpg


友人、矢木奏さんが4月に開催する個展のために
「カメラ」を譲ってくれるもしくは貸してくれる方々を捜しています。
ご協力してくださる方は私
natzcoco@hotmail.com もしくは
矢木奏さんまでメールをお願いします。
kanadeyagi@gmail.com

「求む、カメラ」

使わなくなったフィルムカメラ・デジタルカメラを
「ゆずって、お貸しして」いただけませんか?
できるだけたくさんのカメラを集めています。
ご協力お願い致します。

◎一眼レフカメラ、コンパクトカメラ、トイカメラ、大判カメラなど、どのような型でも結構です
◎フィルムカメラの場合、35ミリ・APS・ブローニーなど、どのようなタイプでも結構です。
◎壊れている、電池が切れている、などでも構いません。

矢木奏作品2011
50台〜のカメラを使ったインスタレーション・パフォーマンス
制作期間:2011年2月~3月
展示期間:2011年4月中旬
展示場所:ギャラリー根津七弥

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

矢木奏
東京造形大学卒業、現代美術センターCCA北九州リサーチプログラム修了。
取手アートプロジェクトにおいて、写真家 森政俊氏と共同で
「32年後の日食撮影のための大理石ピンホールカメラ」を制作。
パフォーマンス作品の制作等を経て、2010年より演劇作品「かきことば」
(作・演出 岸井大輔)に参加。芝居やダンスにおける身体表現のありかたについて触れ始める。
[PR]
by atelierhibari | 2011-02-13 19:57 | Exhibition