atelier HIBARI

<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

What a nice day

e0183600_1712232.jpg

土日出講が多いので
休日を友人と過ごす機会が少ないのですが
久々に友人たちと過ごすお休み。
5人+1匹の友人がアトリエに遊びにきてくれました。
アトリエオープニングパーティー以来のにぎわい。

まず1人目の友人を自由学園へご招待。
二人でまったり散歩をしベンチでおいしい珈琲をいただき
そのあと続々と他の友人たちががひばりへ到着。
みんなで買い物をしてアトリエへ向かいました。

初めてお会いする新しい友人が普段「料理されない台所」で
シェフなみの腕を振るってくれました。
もう一人の友人も韓国のりまきを巻き巻きしてくれました。
男子ごはんいいです。

出会って間もない友人ばかりでしたが
不思議と昔からのともだちのように
時間を忘れて有意義なひとときを過ごしました。
[PR]
by atelierhibari | 2010-11-25 17:25 | Everyday life

Exhibitions

芸術の秋。
沢山DMをいただいていたのに
行くことのできなかった展覧会多数。
残念無念。
行ったもの、行くものを
忘れないようにメモしておきます。

◎最近行ったもの
ggg
第292回企画展「服部一成二千十年十一月」
第291回企画展「海と山と新村則人」
キューピーマヨネーズ等の広告でおなじみ服部一成の展覧会。
あれもこれもおなじみのものばかり。カラフルカロヤカは時代を反映している気がします。
ウォルフガング・ティルマンズの作品を思わすような「洗練された日常の風景」は
少し日本人離れした感覚に思えました。その感覚/雰囲気/余韻を
みごとに商業デザインに取り入れている所が素晴らしいなと思います。
個人的には「キティーちゃん」がとても好きでした。
後で気づいたのですがご本人が会場にいらっしゃいました。
あまりに普通の方なのでスルーしてしまいました。


Guardian Garden
ガーディアン・ガーデン20周年記念 300人のクリエイターと創る
「あれから20年、これから20年」未来に届くアート展
20周年記念ではがきサイズの写真が展示されているだけの作品展でした。
わざわざ行かなくてもよかったかも...写真のほうよりグラフィックの方が魅力的でした。


SHISEIDO GALLERY
駒井哲郎 福原コレクション 生誕90周年ー闇と光のあわいに
石上純也展 「建築はどこまで小さく、あるいは、どこまで大きくひろがっていくのだろうか?」
これが建築展?と思うぐらい小さな建築模型が軽〜い台に軽る〜く展示されていました。
鑑賞者が荷物で展示物を壊さないようにギャラリーの恥じっこの床に荷物を置いているのが
滑稽でしたけど。(小学生の社会科見学みたい!置き引きされない日本はとても平和!)
例えば空に浮かぶ雲を見て建物にならないか?という発想で雲の型の小さな模型が並んでいたり、
雲の上にどこまでも続くはしごのような建築などおとぎの国の建物が多数展示されていました。
発想の源と制作のプロセスが興味深かったです。
どの模型もまるで繊細なブローチのようで思わず手に取って胸元にあててみたくなりました。
今まで「建築」というとマッチョ、コンクリートの塊、権威の象徴、バブル、モダン、ミニマム
といった言葉が浮かびましたが、大西+百田さんなどの若い建築家さんしかり、
夢とストーリー性のある有機的でフェミニンな建物が今後主流になるのかな?と思いました。
模型と図面の繊細さと美しさを引き出すプレゼンテーションも必然という気がします。


GALLERY KOYANAGI
オラファー・エリアソン Feeling things
テートモダンで好評を博した「Weather Project」以来見ていなかったの滑り込みセーフで会場へ。
鑑賞者の影が七色に投影されるMultiple shadow houseと海外ドラマ24?をおもわす
Innen Stadt Außen。ビデオインスタレーションを最後まで鑑賞することのできない
私が最後まで見入ってしまう作品でした。


東京都写真美術館
写真新世紀東京展2010
VANTANフォト科の学生とともに。偶然にもアーティストトークの日で
作家さんと沢山話をすることができました。90年代以降の写真ブームのせいなのかな?
日本の若い作家さんの写真作品のクオリティーは高い気がします。
海外の大学院レベルの卒展等で見る作品より(展示方法含めて)洗練されていて
本質をとらえたような作品をを観ることができたように感じました。
再来年には今回一緒に行った学生の作品をこの展覧会で観ることができるように思いました。
学生たちもそのように感じたようです。


ARATANIURANO
Takahiro Iwasaki - Phenotypic Remodeling
友人に薦められて行ってみることに。
グラフィック/建築/アートどこをとっても
繊細で軽やかで透明感のあるものを多く見かける気がします。
景気が悪くてドーンと気が沈んでいる人が多い世の中で
繊細で軽やかでシンプルに美しいものが求められているのかな?
あまり刺激のあるものや意志の強いものより
「ぼーっ」と見ていたくなる作品が好まれている気がします。
作家自身の故郷の風景を小さく表現しています。
このような繊細な作品私は好きです。けれどどぎついものも好きです。


◎これから行くもの
WATARIUM
藤本壮介展 山のような建築 雲のような建築 森のような建築
建築と東京の未来を考える2010

東京都現代美術館
東京アートミーティング トランスフォーメーション

21_21 DEDIGN SITE
REALITY LAB 再生・再創造展

森美術館
小谷元彦 幽体の知覚

3331 Arts Chiyoda
日比野克彦 ひとはなぜ絵を描くのか?
EXPERIMENTAL GRAPHIC @ +81 Gallery + LAB

NANZUKA AGENDA SHIBUYA
横山祐一 「オープンスタジオプロジェクト "カラー土木"」

Tokyo Hipsters Club
London Calling Tokyo

GALLERY 360°
GALLERY COLLECTION展

Space Sprout
4人からの贈り物展

Tambourin Gallery

Gallery & Workshop はちどり

おっと、またまたDMが届きました。
友人K+のカラフルなカクテル展 @ RAGTAG 渋谷店
これは絶対行かなくては!

でもちょっと欲張りすぎ、たぶん全部は行けない...
[PR]
by atelierhibari | 2010-11-25 15:13 | Exhibition

A Cafe in Gooseberry Village

e0183600_133558.jpge0183600_1325795.jpg

すぐりのむらの古民家で「すぐりのむらのカフェテリア」原画展を開催しています。
今回は友人の三好美穂さんが文章を書き下ろしてくれました。私は版画による原画のみ制作しました。
今後も二人でゆっくり良いものを制作していけたらいいなと思っています。
絵本の原画ほかすぐりのむらに関するさまざまな資料や写真も展示されています。
お時間のあるかたは是非遊びにいらしてください。21日まで展示されています。
そして今年のすぐりのむらはイベントがもりだくさんです。

2010 年11月3日(水)~21日(日)
塩田の魅力展覧会 @ すぐりむら古民家

2010年11月13日(土)
塩田の魅力展覧会:まちあるき 八木正風「作品ポイントを巡ろう」

2010 年11月20日(土)~21日(日)
東京アルキテクト企画運営
まちあるき特別企画のご案内:「みどりに囲まれて休暇を過ごそう。 信州塩田平めぐり」
問合せ先:aruki-tect@gd.moo.jp
申し込み:http://aruki-tect.moo.jp/join.html

すべてのイベントくわしくはすぐりのむらだより

東京アルキテクト企画運営のまちあるきどうしても行きたいです。
昨年、ひばりケ丘の自由学園をアルキテクトしたときに参加しました。
専門家のお話を聞きながら、わが街ひばりの新たな一面をかいま見ることができました。
今回は授業があるので行けないかな〜?
お時間のあるかたは、私の代わりに是非参加してください。
[PR]
by atelierhibari | 2010-11-12 01:33 | Work / Project

Autumn in Gooseberry Village

e0183600_0594583.jpg

出発前の東京はしっとり汗をかくぐらい暖かかったのに
上田に着いたらひんやりした空気がほほをふれました。
長野はすっかり秋です。

今回は絵本第二弾の原画展示と発表会のため訪れました。
ひとりであの広いマルタの家に泊まりました。
今回の収穫はマルタの家の山口先生と
ゆっくり話をすることができたことです。
父親ぐらいの歳の先生に朝食をつくっていただいて
恐縮してしまったけど、うれしかったです。

絵本発表会ではすぐりのむらのみなさんに
いろいろアドバイスをいただきました。
もう少しで完成です。
いましばらくお待ちください。
[PR]
by atelierhibari | 2010-11-12 00:59 | Work / Project

The King Of Art - Closed

e0183600_23384614.jpge0183600_2339028.jpge0183600_021322.jpg
left : bike and tree by nobuyoshi miwa
right : illustration by megumi nakano
bottom : paperwork by natsuko nakamura


西東京市きらっとで開催された「美術の王様」展
台風に見舞われましたが無事終了いたしました。
足を運んでくださった方々ありがとうございました。
参加したみなさまお疲れさまでした。
[PR]
by atelierhibari | 2010-11-11 23:42 | Work / Project

I love Penguins

e0183600_2329365.jpg


先日校外学習で上野動物園にいきました。
たくさんいる動物の中でも
やっぱりペンギンが一番すきです。
すいすいプールの中を飛んでいました。
いつか水族館でペンギンが頭の上を
飛んでいるのを下から眺めたいものです。

おそらく30年ぶりに訪れた上野動物園は
動物園まえの小さな遊園地やお土産やさんが
昔とほとんど変わらない姿で
キッチュであやしげでした。
[PR]
by atelierhibari | 2010-11-11 23:34 | School