atelier HIBARI

<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Special guests

e0183600_19344137.jpg


英国BBC放送(子供向けチャンネルCbbies/CBBC)で子供向け番組を制作している
ディレクターのユーウィン・ワトソンさんと英国タブロイド紙デイリー・メイル等の
レイアウトを担当しているフリーデザイナーのマーカス・シーフさんが
Vantan DS Illustaration の授業に特別講師として参加してくれました。

制作した番組「Take a Bow」を鑑賞し制作に関するお話を聞くことができました。
日頃からイラストレーション以外の作品(現代美術/映画//音楽/舞台)を見るよう
勧められている生徒たちは何の違和感も無くイラストとは異なる分野の話を熱心に聞いていました。
突然の特別授業にも関わらず質疑応答では様々な質問が飛び出し終始和やかなムードでした。
最後にユーウィンさんマーカスさん共に熱心に学生の作品を鑑賞し授業は終わりを迎えました。
この授業が生徒のみんなに新しい何かを届けていればと思います。

A BBC(Cbbies/CBBC) director Mr Iwan Watoson who makes TV programs for children
and a freelance designer who works for Daily Mail Mr Markus Scheef came to joined
a class of Vantan DS Illustration as guest lectures.

We watched TV program called ' Take a Bow ' and listened to Iwan's talk.
The students are often told to see not only illustration but also different media
such as fine art, films, music and play therefor they naturally accepted different area of work
and listened to what Iwan said carefully. Although it was quite sudden guests,
everybody gave constructive questions toward them and had a amiable and relaxed atmosphere.
Iwan and Markus both earnestly looked at every single students' work after the lecture.
Hope this special lecture brought the students something new.
[PR]
by atelierHIBARI | 2009-08-30 19:05 | School

Report : Kids art workshop 03 - The last art workshop in the summer

e0183600_22193214.jpg


夏休み最後のアートワークショップが8月29日(土)アトリエ線路脇にて行われました。
今回はアトリエ線路脇の鉄作家:柴崎智香さんの姪っ子さん、甥っ子さん、お友達、
ママたちとおばあちゃんが集まりアットホームな雰囲気の中ゆったりと制作することができました。
大きなお姉ちゃんたちが弟くんの面倒を見たり、シャイなお友達に色々教えてあげたりと
子供間での「助け合い」を沢山かいま見ることができました。
ワークショップ後はアトリエの庭になるキウイを収穫しお土産として持ち帰りました。
優茉ちゃん、乃愛ちゃん、光くん、菜々美ちゃん、また遊ぼうね ☆

The last art workshop was held at atelier Senrowaki on the 29th of August.
A member of atelier Senrowaki, Tomoca Shibasaki the blacksmith artist's
nieces, nephew, their friend, mums and a grandmother joined the workshop.
It was very homely so they could work in a relaxed mood.
The big sisters helped the little brother and the shy friend,
we could see 'caring and sharing spirit' among those children.
After the workshop, the kids cropped kiwi fruits in the atelier's garden as their souvenir.
Yuma, Noa, Hikaru and Nanami, let's get together again ☆


[PR]
by atelierHIBARI | 2009-08-29 22:18 | Workshop

Gooseberry village



e0183600_2341269.jpge0183600_2342932.jpge0183600_2344783.jpge0183600_2351546.jpg



ひばりケ丘在住の建築家:藤岡大学さんの紹介でNPO地域再創生プログラム参加プロジェクト

塩田・すぐりの村ーグーズベリーの里ーづくり

のお手伝いをさせていただくことになりました。
長野県上田市近郊塩田地区の古民家再生、すぐりの実(gooseberry)の栽培、ジャム等の生産を通し
地元の方々やさくら国際高校の学生方とともに地域を活性化させるのがプロジェクトの主な目的です。
atelier HIBARIとしては塩田地区とすぐりの実を多くの方に知っていただくための
「絵本作り」の依頼を受けました。日本むかし話に出てくるような美しい村の空気が
漂うような絵本に仕上がるといいなと思っています。楽しみにしていてください。


Hibarigaoka based architect: Daigaku Fujioka introduced me to NPO renovation program's

Shioda gooseberry village project

The main aim for the project is that renovation of the old farmer's houses and
cultivation of gooseberries to produce jam with local people and
students from Sakura international school for activation of Shioda region, Nagano prefecture.
My work as atelier HIBARI is making a picture book for introducing the area and gooseberry.
Hope I can contain an atmosphere of the beautiful village which is like from an fairy tale into the book .
Please look forward to it.
[PR]
by atelierHIBARI | 2009-08-21 22:39 | Work / Project

Notice : Kids art workshop 03 - The last art workshop in the summer

e0183600_528353.gif


Chiaki and I are holding the 3rd kids art workshop at atelier Senrowaki in Sakado-shi,
Saitama prefecture. This will be the last one in this summer. We hope to see you there.
If you would like to have a farther detail in English, please email to artworkshop@hotmail.co.jp
[PR]
by atelierHIBARI | 2009-08-20 05:34 | Workshop

Report : Kids art workshop 02 - Summer kids art workshop

e0183600_18292667.jpg

夏休みこどもアートワークショップが8月17/18日ひばりケ丘にて開催されました。
(17日:お手紙セットづくり18日:思い出紙すき)
今回atelier HIBARI主催ということでアトリエ線路脇の和紙作家 : 森田千晶さんが
紙すきに必要なすべての道具を軽トラックに詰め込んでひばりケ丘までやってきてくれました。
その姿はさながら町から町を移動する旅役者またはサーカス団の一員のようでした。

子供たちは前回同様、時に真剣なまなざしで、時に瞳を輝かせ私たちの想像を超える作品を制作してくれました。
彼らの好奇心、探求心、理解力、想像力、洞察力には毎回驚かされます。

今回、西東京市ひばりケ丘の多くの方々にご協力をしていただきました。
東京デザイナー学院在校生中野愛久美さん、広告を置かせてくれた谷戸商店街のみなさん、
FM西東京でワークショップの告知をしてくれたピアノデュオ ドゥオール の藤井隆史さん、白水芳枝さん
そして参加してくれた子供たちのご両親。

多くの方々のご協力無しにこのような活動を続けることはできません。
心より感謝しております。そしてこれからも暖かく見守ってください。

Think globally Act locally = *GLOCALISATION
世界のことを考えながらも地元で行動を起こすという意味

の精神でこれからも子供たちに喜んでもらえる企画を考えていきます。


Summer artworkshop was held on the 17th and 18th of August.
(17th : Making a letterset,18th : Memorable papermaking)
In this time, the workshop was organised and held by atelier HIBARI therefore
Chiaki Morita the papermaking artist brought all the equipment to Hibarigaoka by a small lorry.
It made her looks like a member of a circus.

The children sometimes showed serious looks and sometimes curious eyes and
created great piece of works which are beyond my imagination as always.
Every time, I'm surprised by their curiosity, exploration, understanding, imagination and observation.

We would like to say thank all the local people such as :
Megumi Nakano the student of Tokyo Designer Gakuin College,
shop owners who allowed me to leave fryers in Hibarigaoka,
Pianoduo Deu'or Deu'or Takashi Fujii and Yoshie Shiramizu who broadcast our workshop on
their radio program at FM Nishi-tokyo and
the parents of the children who joined our workshop.

Without their co-operation, we can't carry on this project.
We really appreciate and wish you to support us continuously.

Think global Act local= GLOCALIZATION
with above ethos, we will create interesting workshops for children.

e0183600_1830713.jpge0183600_1830549.jpg
e0183600_18325850.jpg
e0183600_18314058.jpge0183600_18315893.jpg
e0183600_1902834.jpg
e0183600_1849451.jpge0183600_18493016.jpg
e0183600_18345352.jpg
e0183600_1835158.jpge0183600_18353881.jpg
e0183600_1836390.jpg
e0183600_18361861.jpge0183600_18363650.jpg
[PR]
by atelierHIBARI | 2009-08-18 00:59 | Workshop

Imaginative friends

ロンドンにあるフランス系幼稚園で働いていた時
同僚の幼稚園教諭が子供を見ながらこんなことをよく言っていました。

"He's playing with his imaginative friends"
「彼ったら想像上の友達と遊んでいるわ」

大人から見ると独り言を言っているように見える小さな子供は
実は想像上の友達がいてその子達に話しかけているという。

そんな 'Imaginative friends' を今でも持ち続けている
素敵なアーティストに出会いました。彼女の名は河野愛さん。
彼女は絵を描くとき「あの雲、何の形かな?」とか
「私たちの空の上に別の世界があったら良いのに」
などと想像してから描き始めるのだそうです。
そして描き始めたらあっという間に作品は仕上がります。

私たちはみな子供の頃そのようにして絵を描いていました。
沢山のことを空想し、次から次へと描くモチーフは尽きず、
広告の裏、教科書のはじっこなど無我夢中で描いたものです。
大人になった今、はたして何人のアーティストがあの頃の
ワクワクやドキドキを保っているのでしょうか?
そして何人の人がそのことの重要性に気づいているのでしょうか?

彼女の作品をもっとご覧になりたい方は
http://aikohno.com/

When I was working for a French nursery school in London, a colleague used to say that
"He's playing with his imaginative friends" as she's looking at a child.
The child seemed talking himself from an adult's point of view however
the boy actually is talking to imaginative friends.

I met a fabulous artist who still have imaginative friends
although she is an adult, her name is Ai Kohno.
When she draw pictures, at first she imagines like
" What sort of shape does the cloud look like?" or
"I wish there is an another world above the universe"
Then once she starts drawing, she complete many pictures in no time at all.

We all used to draw pictures just like that.
Fantasied about so many things, drawing anywhere we liked such as a back of the fryers,
a corner of textbooks and the motives were never ran out.
How many adults still have the same excitement towers drawing?
How many people realise that the importance of those aspects?

For more information about Ai Kohno
http://aikohno.com/

e0183600_22474023.jpg

[PR]
by atelierHIBARI | 2009-08-11 22:48 | People