atelier HIBARI

カテゴリ:Everyday life( 106 )

Carpe diem

e0183600_16545413.jpg
Drawing by High school student


専門学校のフォト科1年生に出題されたテーマ。
Carpe diem (いまを生きる)
について考えている。

今日は多くの人に愛されたある方の月忌。
いつ会いに行っても、変らない素敵な笑顔で向かえ入れてくれた人。
彼女はいつも沢山の人に囲まれていて、私は少し気後れして、
彼女に会ってもあまり多くのことは話さなかったけれど
彼女がいつも私のことも他のみんなと同様に気にかけてくれたこと、
そして、お互いに何かを感じていたということはきっと気のせいではないと思う。

いいね!の数なんて仮想の数字。
そんなことより、どんなに小さな展示も忙しい合間をぬって
見に来てくれて、率直な感想を伝えてくれた。
素敵な彼女の意見だからこそ、
たまにはちくっとくることもあったけど今ではそれが宝物。

これからやりたいと思っていることの構想をお話ししたかったけれど、
それももう叶わず、なにげない話をすることさえできないけれど、
彼女と過ごした時間があるから悲しくなんかない。

ふっと消えて、いなくなってしまったしまった彼女のお通夜に集まった人々は
彼女の話をしていると、ついうっかり微笑んでしまっていたように思う。
きっと彼女もみんなの笑顔が見たかったんじゃないかな。
彼女の人生は短くも、小さな体に沢山の楽しいことがつまった彼女そのもののようでした。

昨晩また親しい人の訃報を聞く。
音楽の大好きな若い彼は、彼女のように短い人生を全うできたかな?
彼と過ごした期間はとても短かったけれど、その毎日はとても楽しかった。
彼に会った最後の日、酔っぱらって一瞬抱きついてきた彼のことを思いだす。
あれは、男女のなんちゃらではなくて、本当に大好きだったから(お互い)
ぎゅっとしたくなったんだと思う。愛と友をとったシンプルな情。

映画「いまを生きる」を観た後に町へ出ると
Carpe diemt (いまを生きる) と書かれたTシャツを着た女の子とすれ違う。
私は「いまを生きる」ことができているのかな?

満月が少しかけた雨の日に
Carpe diem (いまを生きる)
について考えている。
[PR]
by atelierHIBARI | 2015-06-06 11:26 | Everyday life

Happy New Year 2015

e0183600_21285714.jpg
クリスマス & 新年にフランスから届いたマリア

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

2014年は展示を少なくし、制作に時間を注いだ1年でした。
2015年は2月と4月の個展を始め、多くの方々に作品を見て頂けるような
活動をして行きたいと思っております。
[PR]
by atelierHIBARI | 2015-01-04 21:26 | Everyday life

MICHINOOKU HYAKKEI

e0183600_15144365.jpg
赤鬼 青鬼 山

昨年、山形の肘折温泉で開れた「ひじおりの灯」というイベントに伺い
20年ぶりに高校の同級生宮本くんに再会しました。

その彼が、今年プログラムディレクターとして
みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2014」を沢山の仲間と共に開催しました。

山形ビエンナーレを訪れたことがあまりにも良い思い出になり
東京に戻りしばらくしてから宮本くんにメールをしました。
その内容を短くしたものが山形ビエンナーレの「みちのおく百景」に掲載されました。


「みちのおく百景」は美しい写真と文章で山形の魅力がじんわりと伝わるページです。
(私の文章は不特定多数の人に読まれることを前提としていなくとても稚拙ですが…)


ビエンナーレもあと1週間ほどで終ってしまうんですね…



みちのおく百景
[PR]
by atelierhibari | 2014-10-11 15:27 | Everyday life

YAMAGATA BIENNALE 2014

e0183600_8392369.jpg

e0183600_21185032.jpge0183600_21185739.jpg
e0183600_21191521.jpge0183600_21193198.jpg
e0183600_21193732.jpge0183600_21194290.jpg
e0183600_21194845.jpge0183600_2120510.jpg
e0183600_21201322.jpge0183600_21202187.jpg
e0183600_21202684.jpge0183600_2120339.jpg
e0183600_21203920.jpge0183600_21204494.jpg
e0183600_21204922.jpg
e0183600_2126242.jpg

[PR]
by atelierhibari | 2014-09-30 21:38 | Everyday life

Short trip to SENDAI

近頃、国内のショートトリップ2人旅がちょうど良いな〜と感じています。
若い頃は国外に目が向いていて世界中を旅したので、今こそ日本中を知りたいと思っています。
東北はこれまで福島、山形、青森に行っていますが、今回は初めて宮城県まで足を伸ばしました。
東北ってなんか心地よいです。

仙台に到着後、仙石線に乗り石巻へ直行。
石巻からの帰りに松島へ寄り、そこからフェリーで塩竈、
そしてまた電車を乗り継いで仙台へ戻ってきました。

仙台では花火と七夕祭りをメインに、
宮城県立美術館(篠山紀信の「写真力」初日だったのでご本人もいらしていました)や
仙台メディアテークも訪れました。東京から新幹線で2時間、一泊二日で十分楽しめる杜の都仙台。
緑が多く、海にも山にも近く、夏場は気温は高いけれど風が心地よく、
程よく都会で、人口もちょうどいい。住んでみたいなと思いました。

仙台メディアテークで学生時代の友人に20年ぶりに偶然の再会。
エレベータに乗る時に不意に声をかけられました。良くわかったな〜。
2008年より仙台で暮らしているそうで、震災にも遭われたのだそうです。
ゆっくりお話はできなかったけどまた仙台か東京でゆっくりお話したいです。

仙台、好きな町になりました。
次回は閖上にも足を運びたいです。




/// 石巻

e0183600_1453182.jpg
仙台から矢本までは電車が走っていますが、矢本から松島海岸まではいまだ電車が通っておらずバスで向かいます
松島海岸から石巻へは電車ではなく臨時のディーゼル列車で向かいます 静かな景色が続きます
仙台 →(電車)→ 矢本 →(バス)→ 松島 →(ディーゼル列車)→ 石巻


e0183600_1453729.jpg
ディーゼル列車 パンタグラフはありません


e0183600_1454113.jpg
石巻の正教会 神戸ナンバーの車があり震災後に神戸から神父様が赴任されたのかなと想像したり


e0183600_1454364.jpg
津波到達高


e0183600_1454622.jpg
気になった建物 A面


e0183600_1454823.jpg
気になった建物 B面




/// 松島

e0183600_1455859.jpg
海の幸1


e0183600_146110.jpg
海の幸2


e0183600_15375899.jpg
瑞巌寺 (国宝)の参道


e0183600_1539246.jpg
津波到達地点


e0183600_14698.jpg
フェリーからの眺め


e0183600_1461037.jpg
お洒落な帽子をかぶりタバコをすっているおしゃれな岩(とフェリーのガイドさんが解説)



/// 仙台

e0183600_1461830.jpg
仙台花火 翌日から始まる七夕祭りがメインだからか、東京の人ほど花火に思い入れがないんだな〜と


e0183600_1462031.jpg
建物の亀裂が震災を物語る


e0183600_14622100.jpg
仙台一望、青葉城趾からの眺め


e0183600_14152648.jpg
専門の業者ではなく一般人が制作しているとおもうのだけど


e0183600_14151254.jpg
東北人らしい細やかな手作業


e0183600_1415092.jpg
正面から見た独眼竜正宗




/// おみやげ

e0183600_14155671.jpg
「いしのまき浜物語」三陸河北報社が発行する再生に向かう人々の物語が書かれている冊子


e0183600_14154169.jpg
石巻に住むお年寄りが制作している手工芸品 お年寄りのおこずかいになります
[PR]
by atelierhibari | 2014-08-12 15:48 | Everyday life

Balloons for all the kids in Gaza

e0183600_12433243.png
Work by Banksy

So they can fly away high up in the sky.
[PR]
by atelierhibari | 2014-07-11 12:49 | Everyday life

July 7th

e0183600_922214.jpg
Star Festival
Making halls with a needle on paper
and light up from the back of the work
2014


Impressive reunion for all the people on this planet
[PR]
by atelierhibari | 2014-07-07 09:03 | Everyday life

Amazon.com

e0183600_1225760.jpg


アマゾンから色々届いた。

作家の須賀敦子さんも写真家の古屋誠一さんも
結婚7年目に最愛の伴侶と死別しているという悲しい共通点。
ふと、私の結婚生活が続いていたら今年で7年目ということに気づく。
まあ、私の元伴侶は死なずに南国で楽しそうに暮らしてますが…

一番下の「砂浜」は先日タンバリンギャラリーで開催された
「MASCULIN FEMININ」でお話しさせていただいた
早乙女道春さんが挿画を担当された佐藤雅彦さんの本。

「昭和っぽい懐かしい絵を描きたかった」と、ご本人。
「二十四の瞳風ですか?」と私。「そうそう!」と、ご本人。
「瀬戸内少年野球団風」と言えばよかったかな?

大好きな作家の世界にゆっくりと浸りたいと思う。
[PR]
by atelierhibari | 2014-06-16 12:13 | Everyday life

Morning Dew

e0183600_814336.jpg

Clockwise from the top left

Yoshitomo Nara
Ichiro Miyahara
Seiichi Furuya

[PR]
by atelierhibari | 2014-05-30 08:14 | Everyday life

Sleepy Afternoon

e0183600_2301427.jpg
最近目白庭園で生まれたカルガモの兄弟 顔をうずめたいな...

窓から入ってくる風が
あまりにも心地よく
ウトウトからグーグーへ
気がついたらすっかり夕方に

昨日と今日は大掃除の日
やり残したことが
いくつかあるけど
それはまた明日
[PR]
by atelierhibari | 2014-05-27 23:04 | Everyday life