atelier HIBARI

カテゴリ:Workshop( 17 )

Nyoki Nyoki Workshop ' Make your tree! '

e0183600_13415255.jpg


今週の土曜日にエコプラザ西東京主催、@キオッチョラ@講師の
にょきにょきワークショップが開催されます。

テーマは「自分の木をつくってみよう!」です。

どんな木があるかな?(アプローチ)→身体表現→自分の木(2D)→自分の木(3D)→
みんなの木を集めて森をつくるへと発展します。
命の循環を考えながら、ファンタジアな木を作るワークショップです!

ご興味のある方は是非エコプラザ西東京までお問い合わせしてください。対象年齢は4歳-9歳です!

こちら →
[PR]
by atelierHIBARI | 2013-01-16 13:46 | Workshop

Introduction to Reggio Emilia approach for adults

e0183600_13303457.jpg

ほぼ月1で開催される@キオッチョラ@主催の
大人講座第1回が、先日日曜日に無事終了いたしました。
私は講師の石井希代子さんのアシスタントとして毎回講座に参加します。
私は主に参考作品として美術作家や作品の紹介とテクニックについてお話します。

今回は遠く名古屋からの参加者もいらっしゃいます。
この講座が保育者と美術教育者(もしくは美術家)の
実践と交流の場となると良いなと思います。
様々な分野で活動するみなさんのお話を聞くことができるのも
この講座の醍醐味です。

今回で2回目ですが、この講座に参加してくださる方々は
エネルギッシュ&ポジティブ、とても前向きな方々ばかりです。
そしてほぼ全員女性です。女性の元気で日本は明るくなるのかな?
[PR]
by atelierHIBARI | 2013-01-16 13:41 | Workshop

Sold Out

e0183600_2215042.jpg

8月6日(土)にatelier HIBARI主催により開催された
夏休みキッズワークショップ「思い出紙すき」にて
参加者のみなさまに制作して頂いたはがきが無事(ほぼ)完売となりました。

収益金はうつわ&カフェ かくしちさんを通し
自然コミュニティーレストラン YOUR BIG FAMILYさんへ渡していただきました。
心ばかりの義援金ですが東北の方々に役立ててもらうことができたようです。

今後も私たちの出来る範囲で少しずつこのような活動をしていきたいと思います。
参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

8月6日(土)の「思い出紙すき」の様子→こちら
「思い出紙すき」はがき販売の様子→こちら
[PR]
by atelierHIBARI | 2011-10-23 22:14 | Workshop

Kids workshop at a library

e0183600_2133979.jpge0183600_21154220.jpge0183600_2134828.jpge0183600_2134542.jpg


8月27日(土)、中野区にある東京こども図書館で行われた
森田千晶さんによる紙すきワークショップのお手伝いに行ってきました。

ひばりケ丘で主催するワークショップでは
進行役をつとめるので全体を見渡さなければなりません。
ですから「ちゃんと子どもたちのこと、見られているかな?」
なんて、反省することがしばしばあります。

けれども、今回は図書館の方々が素敵にオーガナイズしてくださったので
千晶ちゃんのサポーターとして、ゆっくり子どもたちと接することができました。

夏休み最後の土曜日を、お父さん、お母さん、おばあちゃん、兄弟たちと
遠くに住んでいるまだ会ったことのないお友達のために
子どもたちは一生懸命ハガキの制作に取り組みました。

いつか大きくなった時
東北地方の子どもたちに会うかもしれないよね。
大学や会社で一緒になるかもしれないよね。
なんて、ふと思いました。
その時、この日の事を思い出してくれたら嬉しいです。

東京こども図書館のおばあさんチームのみなさま、司書の皆さん
そして千晶ちゃん、ラストミニッツの夏の思い出をありがとう。
その後の、隅田川の花火も最高でした!
[PR]
by atelierHIBARI | 2011-09-01 21:17 | Workshop

Postcards

e0183600_162227100.jpg

8月6日(土)に開催された夏休みキッズワークショップ「思い出紙すき」で
参加者のみなさまに制作して頂いたハガキが店頭に並びました!

お店は東京都東久留米市にある
うつわ&カフェ かくしちさんです。
1枚200円で販売され、集められた義援金は

同じく東久留米市にある
自然食コミュニティレストラン YOUR BIG FAMILYさんに届けられます。

「YOUR BIG FAMILY」さんは被災地支援パーティーを催したり
被災地に自ら現地へ出向き炊き出しなどのボランティア活動をされています。

この町で作られたハガキから集められた義援金が
同じ町の人々の手に渡り、確実に被災地の方々に届きます。
お近くにお越しの際には是非お立ち寄りくださいませ。
(夏休みを確認してから伺ってくださいね!)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うつわ&カフェ かくしち

住 所:東京都東久留米市中央町2-1-34
徒 歩:西武池袋線 東久留米駅西口より約15分
バ ス:東久留米駅西口より武21
   「図書館前」 下車 徒歩1分
営 業:11:00~18:30
定休日:毎週月曜・第1,3火曜
Tel/Fax:042-476-8050

☆お母様と息子さん夫婦で営まれているお店です。
自由学園ご出身の息子さんが作るスイーツはとても美味しいです。
私は京都から取り寄せている「くず粉」でつくられたくずもちと
チョコレートのシフォンケーキのセットを頂きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

YOUR BIG FAMILY

住 所:東京都東久留米市中央町1-1-48(郵便局本局と南沢交番の間)
徒 歩:東久留米駅 (西武池袋線、副都心線、有楽町線)西口より徒歩約10分
バ ス:武蔵小金井駅、花小金井駅よりバスあり (武12、東久留米郵便局下車すぐ)
営 業 :昼 ー 火 ~土: 11:30~15:30
     夜 ー 火・水・金・土 18:00~21:00
(金・土・祝は~22:00)
Tel/Fax:042-479-4350
E-mail:rintaron2@hotmail.com

☆まだ伺ったことはありませんがマクロビオティクスを
取り入れた自然派のお料理だそうです。近いうちに必ず行きたと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

e0183600_16203697.jpge0183600_16203915.jpg

[PR]
by atelierHIBARI | 2011-08-18 16:56 | Workshop

Report : Kids art workshop 06 - Recollections

e0183600_22584434.jpg

8月6日(土)に開催された夏休みキッズワークショップ
和紙造形作家、森田千晶さんとの「思い出紙すき」無事終了いたしました。

今回はこども7人 / おとな3人が参加してくださいました。
ボランティアとしてバンタンデザイン研究所の
卒業生、在校生もお手伝いに来てくれたり、
高校時代の友人、女子美時代の友人、ご両親が集まり
みんなでワイワイ楽しく作業することができました。

写真はバンタンデザイン研究所・写真学科・本科生西村真美子さんが撮影。
ドラマチックな素敵な写真ばかりです!

子どもたちの言葉は同じくバンタンデザイン研究所・DSイラストレーションコース
卒業生上原由祈子さん、在校生山本愛さんが集めてくれました。

それではどのようにワークショップが行われたか振り返ってみましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

e0183600_2354036.jpge0183600_2353432.jpge0183600_235387.jpg

1
まずは恒例の《アイスブレイク》張り子で作られたボールをパスして
自己紹介と夏の思い出を話してくれました。
夏休みが始まったばかりなので、夏の思い出はこれからの子が多かったかな。
このワークショップが思い出になってくれるといいな.....

8枚制作するハガキうちの1枚は東北大震災の義援金目的の為に販売する予定でいます。
ある子どもに「どのハガキをあげる?」と聞くと
「お花をあげる、きっとお花を見れていないから」とのこと。
どうしたらこのような発想になるのかな?子どもはいろいろな事を知っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

e0183600_23265637.jpge0183600_23263433.jpg

2
そして《クイズタイム》
ちあき先生が、色んな和紙を見せてくれて、どの和紙が何で染められているか
クイズにして教えてくれました。

ちあき先生「この和紙はフルーツで染められています、な〜んだ?」
子どもたち「りんご?もも?なし?」(なんとなく、自分の好きな物を答えている?)
ちあき先生「秋の果物です」
子どもたち「かき!」
ちあき先生「正解!柿渋で染められています」

続いて、藍で染められた縞模様の和紙を見て
子どもたち「青リンゴ!」
ちあき先生「食べ物ではないです」
子どもたち「しましまの空!!」(う〜ん、正解にしてしまいたい!)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

e0183600_2355243.jpge0183600_235596.jpge0183600_23481010.jpge0183600_23475195.jpg

3
いよいよ和紙を漉いていきます。みんな、真剣に.....水遊び?いやいや作業してます!
8枚の和紙を障子のような型枠を使い一気に漉きます。
漉いた後、不必要な和紙を取り除きます。ムダは出しません!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

e0183600_016988.jpge0183600_0162812.jpg

4
そして「夏の思い出」をハガキに込めて行きます《コラージュ》お家からあらかじめ準備して来てくれた
押し花、切り絵、スパンコールに糸にビーズ。色々な素材が織りなす響き合いは本当にうつくしかったです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

e0183600_23699.jpge0183600_0454281.jpg

5
つづいて《お話タイム》
作業が終わった子は「バナナの木」からできた紙、「ぞうのフン」からできた紙
で作られた絵本を読みました。ここでも《クイズタイム》

なつこ先生「像は1日に180キロもご飯を食べます。さて、うんちは何回する?」
子どもたち「180回!1000回!」(正解は16回)

なつこ先生「この絵本の紙はぞうのうんちを集めて作られました」
子どもたち「うんちじゃまだから?」(そうだね〜、うんち16回もされてはじゃまだよね〜)
絵本を読んでくれたのは、学童で働いている女子美ーズのまほさん。(写真左)

ぼくのウンチはなんになる?

ミラクルバナナ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

e0183600_2355692.jpge0183600_2354998.jpg

6
コラージュがすんだら、和紙をうすーく漉いて、ハガキの上に乗せます。
パウチするように和紙でコラージュを挟みこんで素材がとれないようにします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

e0183600_2361559.jpge0183600_045282.jpg

7
最後に《感想タイム》
みんな、自分の作品に満足してくれたよね?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

e0183600_2335776.jpge0183600_23351851.jpge0183600_23354677.jpge0183600_23355573.jpg

8
こんな作品ができました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年で3年、6回目ワークショップを無事終える事ができました。
1回目では、まだ幼稚園生だった子どもたちがすくすく成長し今では小学生になりました。
私も以前はこの地域の子どもで地域の大人たちに見守られて育ちました。

今回場所を借りた「南部地域センター」はかつては「北集会場」と呼ばれていていました。
私はそこで、ともこ先生とゆうこ先生という2人の先生からバレエを習っていました。

私の家の前に中学校の国語の先生をしていたご主人と奥様が無料で
本を貸してくれる文庫がありました。そこで、絵本を読んでもらったり
工作を習ったりしました。

現在、私はちあき先生と一緒になつこ先生として子どもたちにアートを教えています。
取り立てて、バレエの先生や文庫を意識して現在の活動をしているつもりは
ありませんでしたが、潜在的に大きな影響を受けているのは確かだと思います。

大人が現在している仕事の多くは、子ども時代の経験や記憶がきっかけになっている事が多々あると思います。
ですから、子どもたちには色々な物を見せてあげたいし、沢山の思い出を作って欲しいです。
そして、いつか大人になったときに「あれ?こんな事小さいときに誰かとしたな?」と
思い出してくれたら嬉しいです。
そして色々な「あんな事こんな事」を次の世代に繋げて行って欲しいです。

参加してくださったみなさん、お手伝いしてくれたみなさんありがとうございました。
ちあき先生お疲れさまでした。また、「あんな事こんな事」しましょう!
次回はちあき先生メインで東京こども図書館にてワークショップをする予定です。
後日改めてご報告いたします。

e0183600_0513376.jpg

[PR]
by atelierhibari | 2011-08-12 23:40 | Workshop

Notice : Kids art workshop 06 - Recollections

e0183600_22562515.jpge0183600_22163017.jpg
e0183600_22563068.jpg
e0183600_22563480.jpg
e0183600_22563785.jpg
e0183600_22563867.jpg
e0183600_22564190.jpg
e0183600_22564671.jpg

Photo : これまでのワークショップの様子と作品

おまたせしました!
キッズワークショップの季節到来!
今年も和紙造形作家の森田千晶さんと
ワークショップ「思い出紙すき」を開催します。

////////////////////////////////////////

思い出紙すき

紙のお話しや和紙の作られる工程を学びながら
8枚のはがきに*「思い出」を入れて制作します。
今回はそのうち1枚をatelier HIBARIが責任をもって
回収、販売し東北関東大震災被災地の為の義援金として
役立てて頂こうと考えております。
どのように使用されたかは後日ブログにてご報告いたします。

*「思い出」とは和紙にすき込む材料のことです。
例えば切手、押し花、糸、切絵、スパンコール、布など。
あまり大きい物や、ラミネート加工した物などは適しません。
ワークショップの間に切り絵やコラージュなどで「思い出」を制作してもかまいません。
これまでのワークショップの写真を見てイメージを膨らませてください!

◎日 時:8月6日(土)
◎時 間:午後1時〜4時30分頃まで
◎対 象:小学生以上(大人も参加できます!)
◎定 員:15名(定員になりしだい締め切らせて頂きます)
◎費 用:材料費 1000円
◎持ち物:夏休みの思い出(和紙にすき込みたいもの:切手、押し花、糸、切絵、スパンコール、布 etc)
     はさみ/ピンセット(お持ちの方)/タオル/飲み物/虫除け(必要に応じて)
◎要予約:natzcoco@hotmail.com 中村までメールでお問い合わせください。
     その際、参加人数/名前/年齢を明記してください。
◎場 所:南部地域センター 1階 ホール
◎住 所:東久留米市ひばりが丘団地185
     1. 西武池袋線「ひばりケ丘駅」下車
     2. 西武バス 境04/境05/ひばり81/田43/田44/鷹22 乗車
     3.「中原小学校前」で下車
     4. バス停から少し歩くと左手に新しい大きな児童館が見えます。
       その前の横断歩道を渡り桜並木を数分歩くと左手に黄色いモダンな建物が見えます。

e0183600_22294419.jpg



///////////////////////////////////////

子どもたちが技術や技法だけを習うのではなく
物語やその場の状況を通し新しい知識/理解/発見を得ることを目指しています
そしてなにより「楽しむこと」と「プロセス」を大切にします
沢山のご参加おまちしております。

《ボランティア募集》
子どもワークショップに興味がある/子どもが好き/和紙に興味がある
方にワークショップ中のお子さんのサポートをお願いします。
無償ボランティアですが、8枚のはがきを漉き持ち帰る事ができます。
(1枚は寄付して頂けると嬉しいです!!)
------------------------------
12:00 集合 準備/受付
13:00 開始 ドキュメンテーション (写真撮影/子どもたちの言葉を収集) 技術サポートなど
16:30 終了 片付け
17:30 帰宅 (予定)
natzcoco@hotmail.com 中村までメールでお問い合わせください。
[PR]
by atelierhibari | 2011-07-01 22:24 | Workshop

Event : Nyoki Nyoki Workshop vol.1

e0183600_1954199.jpg
*a caption for this photo will be the bottom of the article

いよいよ今年度最初のにょきにょきワークショップが開催されます!

リサイクルアートスペース2011 エコプラザ西東京主催
第1回 にょきにょきワークショップ

テーマ:「いろいろな素材であそぼう」

自由でのびのびした発想での造形表現が、子どもたち一人一人の
感じ方や考える力をのばします。イタリア、レッジョ・エミリア市の
独創的な教育方法を取り入れ子どもたちの豊かな感性を育てる
リサイクルアートスペースです。

日 時:7月16日(土) 午後 1:30 ~ 午後3:30
対 象:4歳〜小学校3年生とその保護者
場 所:エコプラザ西東京・多目的スペース
定 員:15組(先着順/定員になり次第締切)
講 師:レッジョ教育を広める会@キオッチョラ@(エコプラザ西東京登録団体)
参加費:無料
持 物:飲み物、タオル、汚れても良い服装
申 込:エコプラザ西東京(東京都西東京市泉町3-12-35)

6月16日(木)午前9時より電話、ファックス 、Eメールにて受付
いずれも名前、住所、電話番号、年齢、保護者名を明記のこと


電話    042-421-8585
ファックス 042-421-8586
Eメール    ecoplaza@city.nishitokyo.lg.jp




交通
西武池袋線保谷駅から
徒歩:20分
バス:吉祥寺・三鷹・田無行きバス「保谷庁舎」下車

西武池袋線ひばりケ丘駅から
バス:はなバス第5ルート「保谷庁舎」下車

西武新宿線田無駅から
バス:保谷駅・天神山行き「荒井竹」下車

西武新宿線東伏見駅から
バス:はなバス第2ルート「保谷庁舎」下車

----------

私がボリョーニャのレミダで制作した素材を使用したコンポジション。
壁にかかった丸いフレームと素材を使用し「美」を表現と指示がありました。
様々なヒト、コト、モノが共存できる世界が美しいと考えるので
'Diversity' をテーマに色々な種類の素材を使用し表現しました。
もちろん接着剤は使わず後で簡単に分解できるようになっています。
今回のにょきにょきワークショップの内容とは直接には関係ありません。
[PR]
by atelierhibari | 2011-06-06 18:46 | Workshop

Report : Kids art workshop - Walk in workshop in Hibari

e0183600_1534481.jpg

e0183600_153984.jpg

e0183600_1554672.jpg

e0183600_1552268.jpg


先日8月28日(土)子供向けワークショップが無事開催され
4歳から10歳までの計13人のお子さんに参加していただきました。
今回で5回目となるワークショップですが
回を重ねるごとに人数が増えどんどん賑やかになってきています!

今回は自由に「海の生き物の型」を切り抜いて窓ガラスに貼るというものでした。
みんな積極的に様々な海の生き物を制作してくれました。
壁画のような大きなものを一緒に作るというのは今回が初めてでしたが
とても涼しげな作品に満足してくれたのではと思っています。

森田千晶さんにたくさんの和紙を提供して頂きました。
和紙の繊維の強さにちょっととまどったり、
けれど、お水をつけると手で簡単に切ることが
できることを発見したり......

今回は特にお母さんがたに大変お世話になました。
保育士の鶴丸さんと木村さんに絵本を読んで頂いたり
女子美時代の友人あやちゃんに撮影や指導補助をしていただいたり。
その他一緒に参加してくれたお母さんがたにも大変お世話になりました。
次回も楽しいワークショップを計画します。楽しみに待っていてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回のワークショップの様子を南部地域センターニュース
「みなみかぜ 9月号」に掲載して頂きました。

夏休み子ども向けワークショップー造形ワークショップ
28日に「アトリエひばり」のイベントが開催されました。
和紙を自由にお魚などの海の生き物の形に切り取って
ロビーのウィンドウに貼付けていくという楽しいワークショップでした。
ウィンドウが子供たちが作った海の生き物でいっぱいになりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Chiaki and I held a kids workshop vol.5 in Hibarigaoka Tokyo.
This time, children made creatures of the sea with Chiaki's
Japanese hand-made paper.
Then they sprayed the water to put paper-cut on the glass.
Finally we made a huge ocean on the window!

e0183600_15134723.jpge0183600_15194044.jpg
e0183600_15132785.jpge0183600_15131640.jpg
e0183600_1513732.jpge0183600_1513069.jpg
[PR]
by atelierhibari | 2010-08-31 14:10 | Workshop

Notice : Kids art workshop 05-Walk in workshop in Hibari

e0183600_12563439.jpg

e0183600_13225822.jpg



昨年に引き続き今年もワークショップを
和紙造形作家の森田千晶さんと開催します!
夏休み最後の思い出を私たちと一緒に作りませんか?
今回は無料のワークショップです!
沢山のご参加お待ちしております!

子供たちが技術や技法だけを習うのではなく
状況や物語を通し新しい知識/理解/発見を得ることを目指しています
そしてなにより「楽しむこと」と「プロセス」を大切にします

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

There's plenty more fish in the sea
うみにはもっとたくさんのさかながいるよ!


1「うみにはどんないきものがいるのかな?」夏休みの体験や絵本を通して学びます

2 お話の中に出てきた「うみのいきもの」を和紙を使用した切り絵で表現します

3 切り絵を窓ガラスに貼付け展示します(一部の作品はお持ち帰りできます)

◎日 時:8月28日(土)
◎時 間:午後1時〜4時30分頃まで
◎対 象:幼稚園児以上(大人も参加できます)
◎費 用:無料 予約不要
◎持ち物:はさみ/タオル/飲み物(あれば...カッターナイフや穴あけパンチ)
◎場 所:南部地域センター 1階 体験ホール
◎住 所:東久留米市ひばりが丘団地185



【お問い合わせ】
atelier HIBARI 中村菜都子
メール:natzcoco@hotmail.com
でんわ:080-4180-7255

過去のワークショップ
関連ワークショップ


e0183600_1256535.jpg

[PR]
by atelierhibari | 2010-08-17 21:58 | Workshop